いつまでも若くいたいなら活性酸素を取り除こう

夫婦

どのような害があるのか

酵素

よく知って対策を取ろう

体にとってよくないとされる活性酸素とは、酸素が変質し、より強い害をもたらす状態になった酸素のことを言います。まとめて活性酸素と言っていますが、実は4つの種類に分かれており、それぞれ生まれる原因が異なります。一つ一つみていくと、細胞の中でエネルギーが作られる際に大量発生するスーパーオキシド、酸素が水と結合した時に発生する過酸化水素、紫外線や放射線を浴びると生成される一重項酸素とヒドロキシラジカルです。みんな強い酸化力を持っていますが、中でもヒドロキシラジカルはがんを引き起こすとされるほど、強力な活性酸素です。体の中に向けられると健康を害する恐れがある活性酸素ですが、一方でプラスに働くという要素も持っています。白血球が病原体をやっつける時には、この活性酸素を使い、撃退してしまうからです。過酸化水素水はオキシドールとしておなじみですので、一概に悪いものと決めつけるわけにもいかないのです。とはいうものの、体の内側に向けられる場合には、さまざまな悩みの種を生み出します。皮膚が紫外線を浴びるとシワや乾燥をもたらしますし、遺伝子を破壊するところまでになると、皮膚がんになる可能性もあります。生活習慣病の引き金となる悪玉コレステロールの原因にもなりますので、できるだけ排除したいところです。健康食品を利用するのであれば、抗酸化作用に優れた成分を選ぶのがおすすめです。ビタミンEやリコピン、酵素やセサミンなども強い抗酸化力を持っていることから、ぜひ試してみたいものです。